アウトソーシング等を行う法人組織、経営コンサルティング会社、他士業等の社労士でない者が、
労働社会保険に関する申請書等の作成・届出及び帳簿類の作成業務などを行えば、社会保険労務士法違反となります。







社会保険労務士制度は、社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)に基づく制度です。社会保険労務士となるためには、社会保険労務士試験の合格等により社会保険労務士となる資格を有する者が、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録を受けることが必要であり、登録と同時に、都道府県社会保険労務士会の会員となります。





〒730-0015 広島市中区橋本町10−10
広島インテスビル5F

お問合せ  9:00〜18:00(土日祝を除く)
tel 082ー212−4481
fax 082ー212−4482

広島県会の取組み
・総合労働相談所
・社労士会労働紛争解決センター
・街角年金相談センター
・学校教育への参画
・専門家派遣・相談等支援事業
・医療労務コンサルタント事業
・低入札価格調査の労務監査業務
社会保険労務士の仕事
・労働社会保険の手続き・給与計算
・年度更新・算定業務
・就業規則・助成金・人事コンサルティング
・個別労働紛争のあっせん代理
・労働環境・安全衛生
・年金の相談
・社労士に依頼するメリット
・社会保険労務士になるには
ご要望の社労士を探す 広島県社会保険労務士会とは
・会長挨拶・役員紹介
・公開情報
・倫理綱領
・お問合せ

プライバシーポリシー
・個人情報の保護に関する指針
・特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針
Since 09.2001 
copyright by hiroshima-sr association 2001, all right reserved.